徹底した顧客目線で
清潔、丁寧、親切価格で点検させて頂きます


年次点検と費用 | 月次点検と費用


特定自主検査(年次検査)費用

費用は下記の合計金額です。フォークリフトの種別によって料金が異なります。

リーチ/カウンター 1.5t の場合の費用

  1. 33,000円 年次検査料
  2. +2,000円 書類作成代行料 
  3. +3,000円 出張費(当社から 50km 圏内)
  4. +1,500円 ショートパーツ(検査時に使用する消耗品)

リーチ/カウンター 1.5t 合計費用

39,500円

リーチ/カウンター 2.0t の場合の費用

  1. 39,000円 年次検査料
  2. +2,000円 書類作成代行料 
  3. +3,000円 出張費(当社から 50km 圏内)
  4. +1,500円 ショートパーツ(検査時に使用する消耗品)

リーチ/カウンター 2.0t 合計費用

45,500円

金額は納得できるけど、対応は…?

ご担当者様

フォークリフトの修理に、法定点検。費用を抑えることはできないかな?
もちろん対応も良い所にお願いしたいな。
「フォークリフト 修理」検索 …

フライテック…?
関東の一都六県に対応しているなら、工場も配送センターも対応できる。
それに、全メーカーのフォークリフトの整備・点検が行える。
金額的には、今よりコストダウンできそうだな。
しかし… 金額は納得できるけど、対応はどうだろう。

私たちの思い

私たちがまず真っ先に行うことは、お客様との信頼関係を築くことです。

フライテック 遠藤

私たちがまず真っ先に行うことは、お客様との信頼関係を築くことです。

フライテック 遠藤

その為、担当者様には恐れながら必ず対話するお時間を頂いております。
お客様との会話内には、現場の環境や車両状況だけでの判断ではなく
普段乗られるオペレーター様、担当者様から頂く不満や
たまに出る不具合などを確認し、最善のご提案をする為です。

フライテック 遠藤

お聞きした事を踏まえ、お客様に寄り添った価格帯で、ご提案致します。

特定自主検査(年次検査)比較表

※ 出張費は当社から50km圏内は3000円、50km以上の場合は別途お見積りになります。
※ ショートパーツは検査時に使用するウエス、グリス、パーツクリーナーなどのケミカル類の総称になります。
※ 表示価格は税抜き価格になります。

リーチ・カウンター 1.5t

実施業者当社B社
年次検査料33,000円50,000円
書類作成代行料2,000円5,000円
出張費3,000円5,000円
ショートパーツ1,500円4,000円
合計39,500円64,000円
実施業者年次
検査料
書類作成
代行料
出張費ショート
パーツ
合計年間コスト
金額差
当社33,000円2,000円3,000円1,500円39,500円24,500円
B社50,000円5,000円5,000円4,000円64,000円

リーチ/カウンター 1.5t 年間コスト金額差

24,500円

リーチ・カウンター 2.0t

実施業者当社B社
年次検査料39,000円55,000円
書類作成代行料2,000円5,000円
出張費3,000円5,000円
ショートパーツ1,500円4,000円
合計45,500円69,000円
実施業者年次
検査料
書類作成
代行料
出張費ショート
パーツ
合計年間コスト
金額差
当社39,000円2,000円3,000円1,500円45,500円23,500円
B社55,000円5,000円5,000円4,000円69,000円

リーチ/カウンター 2.0t 年間コスト金額差

23,500円

お客様の声

コストダウンできました。

某メーカー工場長様

以前は他社ですべてフォークリフトを購入、メンテナンスをしていたのですが、修理費用や対応がなんとも。そこで、フライテックさんにお願いしたところ、自社メンテナンスの体制が万全で、年間コストをなんと約25%も抑えることができたのです。削減できたコストを製造機械に回すことができ、これは目からウロコでした。
いつもいいコンディションのリフトが必要なときだけ使えて、作業効率もアップ。フライテックさんに感謝です(笑)

お気軽にお問い合わせください。
090-9854-1272
営業時間 8:30 – 17:00 [ 土日・祝日除く ]

年次点検と費用

年次点検とは

フォークリフトには、労働安全衛生法により一年に一度の特定自主検査(年次点検)が義務づけられています。
周りで作業されている方たち、運転者様の安全をお守りするためにも、必ず点検を実施しましょう。

< 労働安全衛生規則第151条の21 >
事業者は、フォークリフトについては、一年を超えない期間ごとに一回、定期に、次の事項について自主検査を行わなければならない。

※特定自主検査は、事業内検査者または、検査業検査者でなければ実施できません。

< 検査事項 >
1.圧縮圧力、弁すき間その他原動機の異常の有無
2.デファレンシャル、プロペラシャフトその他動力伝達装置の異常の有無
3.タイヤ、ホイールベアリングその他走行装置の異常の有無
4.かじ取り車輪の左右の回転角度、ナックル、ロッド、アームその他操縦装置の異常の有無
5.制動能力、ブレーキドラム、ブレーキシューその他制動装置の異常の有無
6.フォーク、マスト、チェーン、チェーンホイールその他荷役装置の異常の有無
7.油圧ポンプ、油圧モーター、シリンダー、安全弁その他油圧装置の異常の有無
8.電圧、電流その他電気系統の異常の有無
9.車体、ヘッドガード、バックレスト、警報装置、方向指示器、灯火装置及び計器の異常の有無

私たちが行う年次点検の特長

比べてください!親切価格には自信があります!
私たちはお問い合わせを頂いた時点で、まず直接現地まで足を運びお客様に合った点検内容、価格を提供致します。
すべてのメーカー様のフォークリフトに対応しております!
メーカー違いでもお気軽にご相談いただければと思います!普段から複数メーカー車両の整備を行っております。
お値段や、車両の状況などなんでもご相談に乗ります!
お問い合わせフォーム、メールは24時間受付中です!お気軽にお問い合わせください。
資格を持った整備士が多数在籍!
特定自主検査は、事業内検査者または、検査業検査者でなければ実施できません。
ご希望のスケジュールに対応!
メーカーでは難しい休日での点検や修理などにも対応しております!ぜひご相談ください。

年次点検の費用

最小荷重最大荷重費用
1.0t未満27,000円
1.0t以上2.0t未満33,000円
2.0t以上2.5t未満39,000円
2.5t以上3.5t未満45,000円
3.5t以上5.0t未満51,000円
5.0t以上7.0t未満57,000円
7.0t以上11.0t未満63,000円
11.0t以上18.0t未満69,000円
18.0t以上22.0t未満120,000円
22.0t以上24.0t未満180,000円

年次点検と費用 | 月次点検と費用


お気軽にお問い合わせください。
090-9854-1272
営業時間 8:30 – 17:00 [ 土日・祝日除く ]

月次点検と費用

月次点検とは

フォークリフトには、労働安全衛生法により一ヶ月に一度の定期自主検査(月次点検)が義務づけられています。
安全にフォークリフトを使用するためにも、点検を実施しましょう。

< 労働安全衛生規則第151条の22 >
事業者は、フォークリフトについては、一月を超えない期間ごとに一回、定期に、次の事項について自主検査を行わなければならない。

< 検査事項 >
1.制動装置、クラッチ及び操縦装置の異常の有無
2.荷役装置及び油圧装置の異常の有無
3.ヘッドガード及びバックレストの異常の有無

月次点検の費用

現在使用しているフォークリフトの使用状況を見て、聞いて、お客様のお役に立ちます。

最小荷重最大荷重費用
1.0t未満4,500円
1.0t以上2.0t未満5,000円
2.0t以上2.5t未満6,000円

年次点検と費用 | 月次点検と費用


お気軽にお問い合わせください。
090-9854-1272
営業時間 8:30 – 17:00 [ 土日・祝日除く ]